大谷光瑞 卓出 紙本 98%以上節約 高級軸先 本物保証

大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先

大谷光瑞 卓出 紙本 高級軸先 本物保証 spheregym.fr,/estrepement547589.html,ホビー、カルチャー , 美術品 , 絵画,128100円,大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先 大谷光瑞 卓出 紙本 高級軸先 本物保証 spheregym.fr,/estrepement547589.html,ホビー、カルチャー , 美術品 , 絵画,128100円,大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先 128100円 大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先 ホビー、カルチャー 美術品 絵画 128100円 大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先 ホビー、カルチャー 美術品 絵画

128100円

大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先

表具は新調した。軸長さ178cm幅40.5cm本紙縦115cm横30cm 保存良好



経歴[編集]

第21世法主・大谷光尊(明如上人)の長男として誕生する。幼名は峻麿といった。
1885年(明治18年)、9歳で得度。翌1886年(明治19年)、上京して学習院に入学するが退学。その後、尺振八の開いた共立学舎(当時受験校で知られていた共立学校とは別)という英学校に入学するもやはり退学。京都に帰り前田慧雲(のち東洋大学学長・龍谷大学学長)に学んだ。
1900年12月3日日本を出発、1902年(明治35年)8月15日ロンドンを出発、教団活動の一環として西域探検のためインドに渡り、仏蹟の発掘調査に当たった。1903年(明治36年)1月14日朝、ビハール州ラージギル郊外で長らく位置が判らなかった旭日に照らされた釈迦ゆかりの霊鷲山を発見している。同年に父・光尊が死去し、法主を継職するため3月12日帰国したが、探検・調査活動は1904年(明治37年)まで続けられた。これがいわゆる大谷探検隊(第1次)である。法主継職後も探検を続行させ、1914年(大正3年)まで計3回にわたる発掘調査等が実施された[1]

大谷探検隊で調べてください。井上靖、平山郁夫先生がシルクロードに行く以前に、探検を始めていました。国費が使われたはず。











大谷光瑞 紙本 本物保証 高級軸先

%Pseudo_Original_Content_2%